ネットスーパー比較ポイント!チラシで比較して無料宅配・配達可能

[市場・マーケットサイズ]ネットスーパーの見方・動向・市場規模

ネットスーパーとは

少し前まで、食材の宅配といえば、代表的なところとしては「生協」。そして週に一回届けてくれるのが一般的でした。
しかし、注文してから届くまでが一週間というこのリードタイムの長さが問題で、すぐにでも欲しい、今日使いたい或いは明日使いたいものが欲しい、というときには結局近所のスーパーに出向かねばならず、しかも今日すぐ欲しいからスーパーでレタスを買ったけど、明日届く生協の箱の中にも実はレタスがあっておっと二重になってしまったぞ、なんてことは良くある話なのです。それでも長年、食材の宅配ってこんなものか、と皆、不便ではあるけどそれに気づかないふりをして利用してきたのです。そして、インターネットの台頭により、最近続々と増えてきているのがネットスーパーです。数年前、ネットスーパーのチラシを初めて見た瞬間「これだ!」と思ったものです。朝注文したものが、夕方届く。または前日の夜注文したものが翌日の朝ないし午後に届くのです。そう、私たちが待っていたのはまさに、これなのです。このサービスなのです。注文したらすぐに欲しい。小さい子どもがいて家を空けづらい、気分が優れない、宅配便が届くから家に居なくてはならない、修理業者が来るから家に居なくてはならない、等など数え切れないほどの事情で、スーパーに行けない人がずっとずっと待ち焦がれていたサービスなのです。開始当初は本当にそういう人たちが利用していた感がありますが、今ではもう、実はスーパーに普通に行けちゃう人でもガッツリ利用している感がありますけどね。世の中に「ネットスーパー」とい概念が随分浸透したと言えます。

メリット、デメリット

メリットは、欲しいものだけを買うので余分な出費がないこと。実際にスーパーへ行ってよくあるのが、お腹がすいているときにはついつい買いすぎてしまい、そういうことがかなり避けられます。メリットとしては他にもまた、ホームページの画面でその日の特売品が一目見て明らかなので、買いやすいこと。マンション住まいの人には、お米やお水などの重いものを玄関先まで運んでもらえること、ネット限定の特売品を買えること等があげられます。生協のような注文~納期まで一週間あるところは、保冷用の箱を自社で持っているので不在時に留め置いてくれますが、ネットスーパーだとまだまだなかなか難しいお店が多いです。唯一、サミットと楽天スーパーだけが留め置きサービスを実施しています。レシピを載せてくれているサイトもあり、献立の計画がたてやすいこともメリットのうちの一つです。デメリットは、送料がかかるネットスーパーの場合「あと〇円買えば送料無料」の一行に惑わされ、その金額目指して、要らないものを買ってしまいがちなこと、あとは、実際にお財布の中を見ないで買うので、お金を使っている感覚がなく、これもやはり、買いすぎてしまうこと。普段、クレジットカードで沢山買い物をしてしまっている人は、要注意です。そういう人は、代引きのシステムを利用されると良いかと思います。以上がネットスーパーを利用する際の代表的なメリット、デメリットでしょうか。

選び方

選び方は、自宅近くにあるスーパーのネットスーパーで、その店舗から届けてくれる場合は、鮮度の良いものを運んでもらえそうです。また自宅が宅配エリア内に入っていれば、少々遠くて普段使わないような、そして少し高級なスーパーのものも運んでもらえたりして、いつもとは違ったものが手に入りそうです。毎日の食事に、メリハリを付けることが出来ますね。同じ条件で、同じような価格設定のネットスーパーであるなら、宅配担当者の雰囲気(元気が良いか、明るいか、愛想が良いか、配送時間をきっちり守ってくれるか、梱包は丁寧か、)で決めている人もあるようです。宅配時間の幅が狭ければ狭いほど、自分のスケジュールがたてやすいです。午前の部の宅配時間について見てみると、例えばAスーパーでは10時~12時の場合と、Bスーパーが11時~13時であったとしたら、やはり少しの差とはいえ、こちらの行動できる時間も内容も狭まります。あと、各社で、注文の締め切りの時間がまちまちなので、それぞれ使うネットスーパーによってきちんと把握しておくことは必要です。雨の日や休日の午前中などは注文が混み合い、利用できない場合もあるので注意が必要です。また、どうしてもやはり、肉や魚の鮮度などを自分で確認したい人は、生鮮品だけは近くの店舗を利用し、それ以外のものをネットスーパーで購入するなど、うまく使い分けていくことをおすすめします。

ネットスーパー実施企業

どこのネットスーパーもそうなのですが、利用の際には最初にネット経由或いは電話での登録が必要です。一度登録してしまえば、継続的な利用が可能となり、特売などのお知らせメールも、希望すれば届くようになり大変便利です。有名なところでは以下のようなネットスーパーがあります。
イオンネットスーパーは  朝一番の便(12時~14時)で届けてもらうための締め切りは当日朝9時、当日最終便(18時~20時)で届けてもらうための締め切りは、店舗によって異なり15時ないし16時。 宅配料は5000円以上無料です。
イトーヨーカドーネットスーパーの朝一番の便(12時~14時)の締め切りは、当日の朝8時半で、当日最終便(19時~21時)で届けてもらうための締締め切りは当日夕方16時。ただしこの時間帯の区切りは、店舗によって異なることがあるそうです。宅配料5000円以上で無料になります。
サミットネットスーパーの朝一番の便(8時~12時)の締め切りは前日の22時で、当日最終便(20時~22時)で届けてもらうための締め切りは当日朝10時 宅配料2000円以上無料です。
東急ネットスーパーの朝一番の便(12時~14時)の締め切りは当日朝8時半で、当日最終便(19時~21時)の締め切りは当日15時半 宅配料は5000以上315円で、5000円未満で525円です。
マルエツネットスーパーの朝一番の便(11時~13時)の締め切りは当日朝8時で、当日最終便(19時~21時)の締め切りは当日14時。宅配料は5000円以上315円、5000円未満で525円です。
東急、マルエツ、紀ノ国屋、関西方面の一部のスーパーは、楽天ネットスーパー経由で注文をすることができ、楽天のポイントが自動的にたまります。楽天のポイントを貯めている人には嬉しいですね。

Return Top